免疫を上げることのメリット

相談NK細胞は基本的には体で生成されるものの、 さまざまな条件で活性化が弱まってしまうということがあります。 NK細胞療法は患者の血液から免疫細胞の活性化を行いそれを感じの体に戻すという方法をとっています。 そのため実際に NK細胞を投与することができるまで、 細胞の培養のために2、3週間かかることもあるでしょう。

そのため事前にしっかりと準備をする期間が必要となりますので、 導入を考えている方は早めにNK細胞療法対応のクリニックに相談すると良いでしょう。手術後の体は非常に体力が落ちているため、 当然免疫力も低下しています。 そのような時に活性化され増殖された NK細胞を投与することにより、必要以上に患者の体力が落ちないように守ることができるのです。

体の免疫力は多くの病気から守るものとなりますので、 がんのために投与した NK細胞が結果的にあらゆる病気から患者を守ることにもなり、 長期的な目で見ても大きなメリットがあると考えられています。 これからさらに研究が重ねられ、 がん治療において患者にとって生命維持に大きく貢献するものなのかどうかが試されていくことでしょう。しかしながら現時点でもこの免疫療法ががん治療のポイントとなると考える医師は少なくないのです。


関連記事

  1. がんと闘うNK細胞療法とは何か
  2. まずは予防を考えよう