がんと闘うNK細胞療法とは何か

体には本来悪性脳細胞を見つけ次第攻撃し、消滅させるための免疫細胞というものが存在します。しかしながらこうした細胞は歳を重ねるごとにどんどんと減少していく傾向にあり、そのため若い時には考えられなかったようなことであったとしても、免疫力の低下によって重篤な病気へとつながってしまうっていうことがあり得るのです。この免疫細胞の機能が低下することによって発症している大きな病気の一つががんです。がん細胞は通常どの人の体の中にも存在するものですが、免疫細胞がしっかりと機能していることによってその都度攻撃され消滅しています。しかしながらそうした免疫力が低下してしまうことによってがん細胞を攻撃することができず、がんを発症してしまうのです。

NK細胞療法そのような体の状態を改善するため近年注目されているがんの治療法が、NK細胞療法です。この治療法は、患者の血液を採取し特殊な方法によって免疫細胞を活性化させ増殖し、それを再び体内に入れることにより身体全体の免疫力を上げるという方法になります。元々体の中に存在する細胞を増やしているだけですので体に負担をかけず副作用がほとんどないのが特徴です。

他の手術や抗がん剤や放射線といったこれまでの癌治療のメインとされてきた事柄と組み合わせることによって、さらに高い効果が期待されています。今のところ保険適用外の治療となるものの今後も更なる発展が期待されている治療分野です。そこでこうしたがんの治療法や予防に関するさまざまな役立つ情報をご紹介します。


関連記事

  1. 免疫を上げることのメリット
  2. まずは予防を考えよう