まずは予防を考えよう

予防免疫療法の研究が進み、がん治療においても新たな一歩が踏み出せようとしている今ですが、やはりがんを根本的に治療するための治療方法はまだまだ時間がかかることでしょう。そこで前提としてがんになりにくい体を作るということにを心がけることも大切です。がんになりにくい体とは具体的には免疫力がしっかりと保たれていて、がん細胞などの悪質な細胞を見つけ次第すぐに攻撃し消滅させることはできる体ということです。

免疫力を上げる事が一つの大きなポイントになりますが、そのためには十分な睡眠が欠かせませんし、十分な栄養を取った規則正しい食生活も必要です。若い頃は食生活が適当でもそれほど健康被害を感じることはなかったかもしれませんが、年齢を重ねるにつれて基本的な免疫力が弱まってくるため、こうした若い時の食生活が後から体に大きな負担をもたらすということにもなりかねません。そのためできることからひとつひとつより良い生活習慣を身につけるよう努力していきましょう

またタバコを避けることも大切で、日常的に特定の部位に負担をかけるような生活を行っていると、それだけでガンを発生させる確率が高くなってしまい体を危険にさらしてしまいます。その代表となるのがタバコです。自分自身がタバコを吸うだけでなく、知っている人の近くに寄らないということも徹底することによってタバコによるがん発症のリスクを大幅に減らすことができることでしょう。


関連記事

  1. がんと闘うNK細胞療法とは何か
  2. 免疫を上げることのメリット

免疫を上げることのメリット

相談NK細胞は基本的には体で生成されるものの、 さまざまな条件で活性化が弱まってしまうということがあります。 NK細胞療法は患者の血液から免疫細胞の活性化を行いそれを感じの体に戻すという方法をとっています。 そのため実際に NK細胞を投与することができるまで、 細胞の培養のために2、3週間かかることもあるでしょう。

そのため事前にしっかりと準備をする期間が必要となりますので、 導入を考えている方は早めにNK細胞療法対応のクリニックに相談すると良いでしょう。手術後の体は非常に体力が落ちているため、 当然免疫力も低下しています。 そのような時に活性化され増殖された NK細胞を投与することにより、必要以上に患者の体力が落ちないように守ることができるのです。

体の免疫力は多くの病気から守るものとなりますので、 がんのために投与した NK細胞が結果的にあらゆる病気から患者を守ることにもなり、 長期的な目で見ても大きなメリットがあると考えられています。 これからさらに研究が重ねられ、 がん治療において患者にとって生命維持に大きく貢献するものなのかどうかが試されていくことでしょう。しかしながら現時点でもこの免疫療法ががん治療のポイントとなると考える医師は少なくないのです。


関連記事

  1. がんと闘うNK細胞療法とは何か
  2. まずは予防を考えよう

がんと闘うNK細胞療法とは何か

体には本来悪性脳細胞を見つけ次第攻撃し、消滅させるための免疫細胞というものが存在します。しかしながらこうした細胞は歳を重ねるごとにどんどんと減少していく傾向にあり、そのため若い時には考えられなかったようなことであったとしても、免疫力の低下によって重篤な病気へとつながってしまうっていうことがあり得るのです。この免疫細胞の機能が低下することによって発症している大きな病気の一つががんです。がん細胞は通常どの人の体の中にも存在するものですが、免疫細胞がしっかりと機能していることによってその都度攻撃され消滅しています。しかしながらそうした免疫力が低下してしまうことによってがん細胞を攻撃することができず、がんを発症してしまうのです。

NK細胞療法そのような体の状態を改善するため近年注目されているがんの治療法が、NK細胞療法です。この治療法は、患者の血液を採取し特殊な方法によって免疫細胞を活性化させ増殖し、それを再び体内に入れることにより身体全体の免疫力を上げるという方法になります。元々体の中に存在する細胞を増やしているだけですので体に負担をかけず副作用がほとんどないのが特徴です。

他の手術や抗がん剤や放射線といったこれまでの癌治療のメインとされてきた事柄と組み合わせることによって、さらに高い効果が期待されています。今のところ保険適用外の治療となるものの今後も更なる発展が期待されている治療分野です。そこでこうしたがんの治療法や予防に関するさまざまな役立つ情報をご紹介します。


関連記事

  1. 免疫を上げることのメリット
  2. まずは予防を考えよう